岡山のコーティング専門店 創car堂ブログ

岡山県岡山市南区のコーティング専門店&認証整備工場の創car堂です。当店での作業の一部をご紹介して行きます♪

タイヤ直送取付、部品持込取付についてのご案内

ロードスター ガラスコーティング施工 レジナグレイス

先日施工のマツダ・ロードスターへのガラスコーティングの施工です。

インターネットからお問合せ頂き、今回施工する事になりました。

 

いきなりですが施工後の写真です。

 

f:id:socardo:20190223170345j:plain

空の色まで映り込む様なとても良い光沢が出ました!

先日の当店で施工誠にありがとうございました♪

施工前の状態

f:id:socardo:20190223164149j:plain

 下地処理の前に一度手洗い洗車にて汚れを落とした状態です。

f:id:socardo:20190223164732j:plain

f:id:socardo:20190223165458j:plain

 側面は綺麗な状態でしたが、上面はくすみと染みが目立つ状態でした。

この塗装の状態のまま上にコーティングを施工しても、現状の塗装状態のまま被膜を作ってしまう事になるので

コーティング剤による艶は多少は出ますが、このままではコーティングの耐久性、光沢性ともに半減してしまいます。

下処理・鉄粉取り・研磨

当店でのグレイスシステムによるコーティングには全て鉄粉取り、研磨作業が含まれています。適切な下処理を行いコーティングが定着しやすく、さらに耐久性、光沢を最大限まで発揮できる様、下処理に力を注いでいます。

f:id:socardo:20190223170340j:plain

↑こちらは施工前の状態です。

f:id:socardo:20190223170312j:plain

研磨後の写真です。鉄粉取り、研磨作業を行いボディ表面はツルツルすべすべです♪

鉄粉は空気中を漂っている名の通り鉄の粉です。

線路沿いや、近所に工場や鉄工所などがあると、どうしても風に乗ってボディへ付着してしまいます。

これはもはや防ぐためには駐車時にシートでも掛けるしかないのですが

ある程度しょうがない事だと思います。

ただ鉄の粉がボディに刺さっているので、通常の洗車機や手洗いの洗車をしても

なかなか取れるものではありません。

昔は特殊な粘土を使い鉄粉を取っていましたが、どうしてもボディに傷が入ってしますのがデメリットでした。

最近では専用のパッドなどが販売されており、適切な使い方で塗装を痛めずに

鉄粉除去が可能になりました。当店ではそのパッドを採用しています。

鉄粉も放置していると鉄なので錆びて来ます。

錆びて水と混じると特有の茶色いスジができ、塗装を痛めます。

鉄粉も定期的な除去が必要です。

コーティング剤 レジナグレイス施工

f:id:socardo:20190223170346j:plain

 

当店で取り扱っているレジナグレイスとは高耐久性のガラスコーティングです。

KeePerブランドでのダイヤモンドキーパーと同じ部類になります。

このレジナグレイスの特徴は物理的にボディ表面にカッチカチの膜を

張ってしまういわゆる硬化系のコーティングです。

ガラスコーティングなので硬い膜をボディ表面に張るのは同じですが

レジナグレイスはクリア塗料が固まったような、物理的に硬化するタイプです。

その上油分のない溶剤なので、とてもクリアな光沢が出るのが特徴です。

最後に

ボディコーティングは高額な商品になっており、施工するのを悩まれている方も多いと思います。

ただ価格の高いコーティングを施工しても、一時的には綺麗になりますが、

その後はオーナー様のメンテナンスの仕方、普段の洗車の頻度、保管の仕方

など様々な条件によってコーティングの持続力は変わってきます。

オーナー様のライフスタイルに合わせて、コーティングの種類を選ぶ事が

大切だと思います。

 

コーティングについて気になることがあればお気軽にご相談下さい♪